レントゲン車で暴行 事件後逃げず「2人の時間が」(2020年9月25日)

2 Просмотры
Издатель
止まっていたレントゲン車の中で勝手に寝泊まりしていた男女2人。放射線技師の男性にとがめられると、暴行を加えて重傷を負わせました。

 モスグリーンの車。大型でキャンピングカーにも見えますが、レントゲン車です。2人はここで「勝手に寝泊まり」をし、事件をひき起こしたとされます。傷害の疑いで逮捕されたのは自称・自営業で42歳の平野康徳容疑者と27歳で無職の菱田真理子容疑者。オンラインゲームで知り合ったという2人。インターネットカフェで寝泊まりをして所持金はなかったといいます。
 そんななか、目を付けたのが神奈川県逗子市にある医療施設。
 平野容疑者ら(警察での供述):「レントゲン車の車内で2日間、寝泊まりしていた」
 しかし、「寝泊まり」だけでは済みませんでした。異変に気付いたのは医療施設の職員たち。24日午後4時ごろ、レントゲン車の外側にサンダルの片側が落ちているのを発見。さらに、車内で男性が倒れているのを見つけたのです。男性は58歳の放射線技師。近くには平野容疑者らもいました。2人で男性を殴り、蹴るなどして重傷を負わせたとされます。その理由については・・・。
 平野容疑者ら(警察での供述):「男性に見つかり『何をしているんだ』ととがめられたので殴った」
 レントゲン車は駐車場の一番奥に止められていました。関係者によりますと、鍵が掛かっていたかは不明です。ただ・・・。
 関係者:「電気は使えない状態でした」
 それでも、この2日間は涼しく、過ごしやすかったのかもしれません。車は17日以降、使われておらず、男性は「きょう使うため」の「準備」で近付いたとみられます。
 そんななか起きた事件。平野容疑者らは男性を殴った後、すぐに逃げようとはしませんでした。その理由についてはこう供述。
 平野容疑者ら(警察での供述):「2人の時間がほしかった」
 警察はレントゲン車で寝泊まりしていた理由などを調べています。
[テレ朝news]
Категория
комедии
Комментариев нет.